30 October, 2020
The Illness

The Illness interview: discuss debut 12″, plus exciting Pavement updates!

Prior to the release of their debut 12″ single Descending G / Phrases Redacted we spoke to Dom Berry of The Illness and collaborators Steve West and Bob Nastanovich (Pavement). They told us about the single, future label releases, Pavement reunion plans, Bob’s horse racing fanaticism and Steve’s new project!

How have you been coping with lockdown?

Dom: Fine thanks – doing LOTS of gardening(!) and some assorted recording.

Can you tell us more about The Illness collective?

Dom: The Illness collective is an opportunity to work with lots of talented friends who have passed through the doors here at Sea Records over the years.

The Illness
The Illness have been playing shows for several years, yet this is your first recorded output. How did this debut single happen as a collaboration?

Dom: This single was meant as a pre-cursor to an Illness album which was due to be recorded in April. These two tracks were instrumentally finished a while ago and i thought, ‘who better to add some vocals?’ I know Steve through Marble Valley – releasing some of their albums/UK tours etc via Sea. Bob I know from some tour managing he was doing in the UK and we worked together on the Schwervon! 7″ a couple of years ago via Broker’s Tip records.

What was the writing process for this and is that the standard Illness approach?

Dom: As I’ve mentioned, these were initially instrumentals. The album is more structured but it’s good and healthy to be open to ideas.

Steve and Bob, what was the inspiration for your lyrics on Descending G / Phrases Redacted?

Steve: A buddy of mine was having problems focusing on life and felt like the best option was to flee.

Bob: Mine was all spontaneously done in one take in my basement laundry room. I had been listening to Chris Knox and Death of Samantha that week so lyrics from some of their songs entered my off-kilter stream. Just a bunch of gibberish somewhat salvaged by The Illness, a thoughtful group.

Descending G / Phrases Redacted cover art
Dom, what was it like working with Steve and Bob?

Dom: Great – with no instructions or restrictions they both delivered exemplary takes – they’re both masters of their craft!

Steve, Bob, how did working with The Illness compare with other projects (Pavement, Silver Jews, Marble Valley, Ectoslavia)?

Bob: Similar in that I’d no idea what I was doing. Dissimilar in that, sadly, I was 4064 miles and a couple of descending staircases away from The Illness.

Steve: Working with the Illness was painless and pleasing. Those guys had a great bit of music and were generous enough to offer me a shot at some singing. It all seemed to happen as if it was meant to be.

Have The Illness managed to have band practices online in any way?

Dom: Not at all – I don’t play much at home anyway – we’re just in a form of stasis until we can look at recording again.

It would be remiss of us not to ask this. How are preparations going for the Pavement reunion in 2021? Will it be exclusive to Primavera?

Steve: Not much prep going on now for Primavera. It’s so far off but we do have a game plan that will kick off closer to the show dates. Too bad it didn’t happen this year because I was really looking forward to seeing all my old band mates. Pretty sure it’s exclusive to Primavera.

Bob: Preparations are on hold for 2021. Currently, we have similar plans to what we had in place for 2020. At this point, the biggest concern is whether the EU will let in US residents when the time comes. We are hopeful and may adjust our plans to insure we can get there in late May as in relocating to Berlin or Amsterdam months in advance. Otherwise, Pavement has no other plans other than a Terror Twilight re-release. I am hopeful that we will tour in 2022.

There’s a new Slanted and Enchanted covers album just out via Crafting Room Records called ‘Crafted and Enchanted’. Have you heard it? Were you aware of it before it was recently announced? Do you have a favourite cover of a Pavement song?

Bob: Haven’t heard the Crafting Room S+E thing but I’m complimented by the effort. Everyone who covers Pavement does it well. I’ve always enjoyed Nickel Creek’s take on “Spit On A Stranger” and Gold Sounds, instrumental jazz versions of Pavement songs by Carter, Veal, Chestnut and Jackson.

Steve: First I’ve heard about the Slanted cover album but I’m a bit out of the loop. I like the song Grounded.

Platform Blues, from the ‘Gold Sounds’ instrumental jazz album
Bob, is it true you are the first American citizen to attend horse racing fixtures at all 60 British race courses? How long did that take from start to finish? Do you have a favourite track?

Bob: It took 20 years and I’m the only US citizen who has done it. I loved it. Did about 55 of the courses with my dear friend Jon McArthur. Love so many of the courses. Amongst my favorites are: Ripon, Thirsk, Sandown, Perth, Newmarket July Course. There aren’t any I don’t like.

Steve, are we likely to get another Marble Valley record soon? Or do you have anything else in the pipeline?

Steve: No Valley album in the works. But I’ve got my new band from Virginia though. The band is called (the unmastered masters) We have a bandcamp: https://unmasteredmasters.bandcamp.com/releases

Maybe I’ll have a chance to make new valley music after Primavera. The Valley boys live in England and Holland and we just don’t get to see each other as much as we would like.

What does the future look like for The Illness and for Sea Records?

Dom: We’re following up this 12″ with a remix ep in a few weeks – download and ltd edition cassette – I’m ridiculously happy with how they’ve turned out – I asked some acquaintances who i knew would bring something totally different: Game Program, Stuck Sunsets and Daniel Stapylton.

Other than that, an Illness album plus we’ve been speaking with/plotting some ideas for future releases which will hopefully be this year.

The 12” is also due out via Brokers Tip Records in the US. Will there be two different versions? Are there any other Brokers Tip releases on the horizon?

Bob: Dom is just mailing me some to sell to US customers. Very kind of him. I have new 7″ releases coming out by See Night (San Francisco), Quattracenta (Baltimore) followed by a 7″ by Holiday Sidewinder (Australia) and 12″ EPs by Quattracenta, Lucy Arnell and hopefully Piranha Rama after that. We’re delightfully busy at brokerstiprecords.com, a 100% non-profit, 100% profit to the artists record label.

Descending G / Phrases Redacted is released this Friday via Sea Records.

UKリーズを拠点とするThe Illnessのデビュー12インチシングル“Descending G / Phrases Redacted”のリリースに伴いインタヴューを行いました。The IllnessのDom Berry、コラボレーターのSteve WestとBob Nastanovichがこのシングルやこれからのリリース、Pavementの再結成、Bob Nastanovichの競馬に対する熱い思いや、Steve Westの新しいプロジェクトなどについて話してくれました!

ロックダウン中どのように過ごしている?

Dom: まぁ、良くやっているよ。ガーデニングをやりまくってる!それからレコーディングをいろいろやってるよ。

The Illnessとは?

Dom: The Illnessという集まりは ここ数年を通してSea Records(レーベル)に関わっているたくさんの才能ある友達と作品を作るいい機会だね。

The Illness は数年前からライヴなど行なっているけどが これが初めてのリリースだね。このデビューシングルがコラボレーションという形で出来たきっかけは?

Dom: このシングルは4月にレコーディングされる予定だったThe Illnessのアルバムの前駆体となる予定だったんだ。この2つのトラックは、少し前にインストゥルメンタルで出来ていたんだけど 「ヴォーカルを加えるんだったら誰がいいかな」と思ったんだ。Steve はSea Records 経由でMarble Valleyのアルバムや彼らのUKツアーを通して知っていたし、Bobは彼が手掛けていたいくつかのUKツアーを通して知り合って、2年ほど前にBroker’s Tip recordsから出たthe Schwervonの7インチでも一緒に仕事をしたんだ。

このシングルの曲作りのプロセスは?それは The Illness の普段からとるアプローチだった?

Dom: さっきも言ったけど これらは最初はインストゥルメンタルだったんだ。アルバムはもっと構造的だけど、いろんなアイデアを受け入れることは健康的で良いことだね。

Steve と Bob に質問、Descending G / Phrases Redacted の歌詞についてのインスピレーションはどこから?

Steve: 僕の友人が人生に集中することに苦労していて 彼にとって最良の選択は逃げることであったように感じられたこと。

Bob: 僕のは地下にある洗濯室で全て突発的に1テイクで出来たものなんだ。僕はその週、Chris Knox と Death of Samantha を聴いていたから それらの曲の歌詞が僕の乱れた意識に入り込んでいったんだろうね。思慮深い The Illness というグループによって幾らか回収された意味不明なものの寄せ集めだよ。

Dom に質問、Steve と Bob と一緒に仕事をするのはどんな感じだった?

Dom: 素晴らしいよ。 彼らは二人ともなんの指示も制限もなしで、模範的なテイクを提供してくれたよ。 二人とも彼ら自身の技術の達人だよ!

Steve とBob に質問、The Illness と仕事するのは他のプロジェクト(Pavement、Silver Jews、 Marble Valley、 Ectoslavia)と比べてどんな感じ?

Bob: 自分が何をやっているかわからないという意味では(他のプロジェクトと)似ているかな。似ていないことといえば、悲しいことに僕は The Illness からは 4064マイルと2つほど下の階にいるくらい離れていたこと。

Steve: The Illnessと仕事することは苦痛がなくて楽しいことだった。彼らは素晴らしい音楽性を持っているし、寛大で僕に歌うチャンスをくれたんだ。全ては必然的に起きたって感じだったよ。

The Illnessはオンラインでもバンドの練習をした?

Dom: まったくしてないよ。僕は家ではあまり演奏しないんだ。僕たちはまたレコーディング出来るようになるまで停滞状態にいるね。

Pavementの2021年に向けての再結成の準備はどう?再結成はプリマヴェーラ・サウンドに限定されているの?

Steve: 特にプリマヴェーラ・サウンドに向けての準備はしていないよ。まだまだ先のことだからね。でもその時期になったら 何かとやる予定はあるよ。今年できなかったのは本当に残念だよ。昔のバンドメンバーみんなに会えるのをとっても楽しみにしていたからね。(再結成については)プリマヴェーラ・サウンド限定でほぼ確実だよ。

Bob: 2021年に向けての準備は保留中なんだ。今のところ今年予定していたものと似たような予定が2021年に向けてあるんだ。現時点での最大の懸念はその時EUがUS住人達を受け入れるのかということなんだけどね。来年の5月末にはベルリンかアムステルダムにみんな居られるように数ヶ月前には移動できるように調整したいと思っているよ。あとは Terror Twilight の再リリース以外 Pavement の予定はないよ。 僕は2022年にツアーが出来ればいいなと思っているよ。

7月3日 Crafting Room Records から 「Crafted and Enchanted」という 「Slanted and Enchanted」のカヴァーアルバムがリリースされたけど、もう聴いた?発表される以前から知ってた? Pavementの曲のカヴァーでお気に入りはある?

Bob: Crafting Room の S+E のことは知らなかったけど そんな努力をしてくれて誇らしく思うよ。Pavement のカヴァーをする人達はみんな上手くやってくれるよ。僕はNickel Creek の「Spit On A Stranger」や、Carter、Veal、Chestnut と Jackson によるインストゥルメンタル・ジャズ・ヴァージョンの「Gold Sounds」っていうアルバムのPavement の曲のカヴァーをいつも楽しんでいるよ。

Steve: Slantedのカヴァーアルバムについては初めて聴いたよ。僕はちょっとそのループからは外れているんだ。僕は「Grounded」が好きだよ。

Bob に質問、あなたはUS市民として初めてUK60ヶ所全ての競馬場を訪れた人なの? 全て周るまでどのくらいの時間かかった? お気に入りのレースコースはある?

Bob: 20年かかったし、僕はそれを成し遂げた唯一のUS市民だよ。大好きなんだ。僕の親愛なる友人のJon McArthurと約55くらいのレースコースを周ったんだ。たくさん好きなコースがあるよ。Ripon、Thirsk、Sandown、Perth とNewmarket Julyコースとかはお気に入りだね。嫌いなものは無いよ。

Steveに質問、Marble Valleyのリリースは近いうちにある?その他のプロジェクトは?

Steve: Valleyのアルバムは無いけど、僕はVirginiaからの新しいバンドをやっているんだ。The unmastered mastersっていうんだよ。Bandcamp があるよ。https://unmasteredmasters.bandcamp.com/releases

プリマヴェーラ・サウンドの後だったら Valleyの新しい音源を創る機会があるかもしれないな。The Valley ボーイズ(メンバー)はイングランドとオランダに住んでいるから お互い思うように会えないんだよね。

The Illness と Sea Recordsのこれからは?

Dom: 僕たちはこの後数週間のうちに続けて、この12インチのリミックスEPを出すよ。ダウンロードと限定版のカセットでね。その出来がよくて僕はめちゃくちゃ嬉しいんだよ。まったく違うものを届けてくれるとわかっていた知り合い数人にリミックスを依頼したんだよ。Game Program とか、Stuck Sunsets とか、Daniel Stapyltonにね。その他には The Illness のアルバムに加えて その他のリリースについてもアイデアを話し合ったり計画をしているよ。今年中にリリースできればいいな。

この12インチはUSではBrokers Tip Recordsから出るよね。ふたつは違うヴァージョンになるの? 近いうちにBrokers Tip releasesからリリースが予定されているものは?

Bob: DomはちょうどUSで販売するために郵送してくれているよ。優しいよね。

僕はSee Night (San Francisco)と、Quattracenta (Baltimore) の7インチと、それからHoliday Sidewinder (Australia)の7インチ、その後にはQuattracentaとLucy Arnell の12インチEP、その後はPiranha Ramaの12インチをリリース出来ればいいな。

僕たちはbrokerstiprecords.comで喜んで忙しくしているんだ。100%非営利、利益を100%アーティストに提供するレーベルなんだよ。

One thought on “The Illness interview: discuss debut 12″, plus exciting Pavement updates!

Comments are closed.

%d bloggers like this: